Go to Contents Go to Navigation

韓国上場企業の債務返済能力悪化=営業利益減少で

記事一覧 2012.04.09 09:28

韓国上場企業の債務返済能力悪化=営業利益減少で

【ソウル聯合ニュース】韓国企業の債務返済能力が悪化している。営業利益が減少し社債発行が増え、利子負担が増加しているためだ。

 韓国取引所と韓国上場会社協議会は9日、有価証券市場616社(12月決算)の昨年の利子補償倍率が4.67倍となり、前年の5.51倍に比べ低下したと明らかにした。

 利子補償倍率は利子負担に対する営業利益の比率で、数値が小さいほど債務返還能力が悪化したことを意味する。

 調査対象企業の2011年営業利益は65兆2180億ウォン(約4兆6773億円)で、前年より14.6%減少した。一方、利子負担は13兆9735億ウォンで、前年比0.81%増加した。営業利益1000ウォン当たりの利子負担は、2010年の181ウォンから昨年は214ウォンに増加した計算だ。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。