Go to Contents Go to Navigation

韓国最大野党代表 総選挙敗北の引責で辞任

記事一覧 2012.04.13 17:21

韓国最大野党代表 総選挙敗北の引責で辞任

【ソウル聯合ニュース】韓国最大野党、民主統合党の韓明淑(ハン・ミョンスク)代表は13日、総選挙(11日投開票、定数300)で敗北した責任を取り党代表を辞任した。

 党本部で会見を行った韓氏は「変化を求めた国民の思いに応えることができなかった。大きな責任を感じている」と語った。

 選挙前の情勢分析などで、民主統合党は与党セヌリ党を抑えて第1党になると予想されていた。しかし、127議席を獲得するにとどまり、セヌリ党派が過半数を超える152議席を獲得した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。