Go to Contents Go to Navigation

韓国国防長官「数年内にミサイル迎撃システム開発」

記事一覧 2012.04.13 18:31

韓国国防長官「数年内にミサイル迎撃システム開発」

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の金寛鎮(キム・グァンジン)長官は13日、北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射と関連し、韓国が数年以内に独自のミサイル迎撃システムを開発すると述べた。

 国会国防委員会に出席した金長官は、ミサイル防衛対策を問う野党議員の質問に答える形で発言した。現行のミサイル防衛能力では不足だとした上で、「下層防衛能力を保有するための開発を実施している。数年内に開発する」とした。

 この日、北朝鮮のミサイル発射発表が日本や米国より遅れたのではとの指摘については、午前7時39分の発射から1分も経たないうちに発射をとらえたと説明。韓米の協力によって、韓国が最も早く発表したと反論した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。