Go to Contents Go to Navigation

「東海」併記決めるIHO総会 23日に開幕 

記事一覧 2012.04.23 09:02

「東海」併記決めるIHO総会 23日に開幕 

【モナコ聯合ニュース】海図の改善や海域の国際表記などを決める国際水路機関(IHO)の総会が23日から5日間、モナコで開催される。

 今回の総会は国際海図集の改正で、現行の「日本海(Sea of Japan)」表記に、韓国が主張する「東海(East Sea)」が併記されるかどうかが焦点となる。同表記をめぐっては韓国は「東海」、日本は「日本海」と主張しており、対立が続いている。2002、2007年の総会でも主要議題となったが、結論は出なかった。

 韓国政府は改正される国際地図に「東海」を併記するため、外交力を集中させている。これに対し、日本は韓国と合意があるまで、「日本海」を単独で表記すべきだとする主張を崩していない。

 IHOは植民地時代の1929年に「東海」を「日本海」に初めて公式に表記して以来、現在に至っている。今回の総会を前に行われたIHOの実務グループ協議では、相当数の国が韓国側の主張を支持した。しかし、日本は「日本海」の単独表記を固守し、単一地名原則を基本にしている米国や英国などは日本を支持したとされる。

 これに伴い、実務グループの最終報告書にはこれらの経緯のみが掲載され、結論はIHO総会に持ち越されることとなった。総会に韓国からは外交通商部、海洋水産部、国立海洋調査院、東海研究会、東北亜歴史財団などの関係者で構成された代表団が参加する。

 一方、韓国市民団体などはIHOの総会期間中に現地で「東海表記」運動を展開する計画だ。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。