Go to Contents Go to Navigation

故金大中氏の最側近 韓国最大野党の院内代表に 

記事一覧 2012.05.04 18:43

故金大中氏の最側近 韓国最大野党の院内代表に 

【ソウル聯合ニュース】韓国最大野党、民主統合党の院内代表に朴智元(パク・ジウォン)氏が選出された。朴氏は4日、同党の第19代国会議員127人全員が参加した選挙の決戦投票で67票を獲得し、院内代表に決まった。非常対策委員長も兼任する。

 来月9日に予定されている新執行部選出に向けた臨時全党大会まで党運営を任されるほか、与党セヌリ党との第19代国会開院交渉など、従来の院内代表より大きな役割を担うことになる。

 朴氏は故金大中(キム・デジュン)元大統領の最側近で、1992年の第14代総選挙で比例代表で当選して政界入りした。金大中政権では青瓦台(大統領府)報道官を務めた。今年の総選挙で3選を果たした。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。