Go to Contents Go to Navigation

営業停止の貯蓄銀行4行 検察捜査本格化へ=韓国

記事一覧 2012.05.07 10:05

営業停止の貯蓄銀行4行 検察捜査本格化へ=韓国

【ソウル聯合ニュース】経営不振や不正問題などで営業停止措置を受けた貯蓄銀行に対する検察の捜査が本格化する。

 対象となるのは、6日に韓国金融委員会から6カ月間の営業停止措置を受けたソロモン貯蓄銀行、未来貯蓄銀行、韓国貯蓄銀行、漢州貯蓄銀行の4行。

 検察は経営不振に対する責任糾明や横領・背任の有無はもちろん、金品授受や政界へのロビー工作なども視野に捜査を進める方針だ。捜査が始まれば、貯蓄銀行の筆頭株主や行員に対する家宅捜査などが相次ぐ見通しだ。主要関係者は既に出国禁止措置が取られている。

 一方、昨年9月に営業停止措置を受けた貯蓄銀行7行に対する捜査では50人を超える関係者が司法処理を受けている。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。