Go to Contents Go to Navigation

多文化家庭の児童55% 母親の母国語学習=韓国

記事一覧 2012.05.08 19:48

多文化家庭の児童55% 母親の母国語学習=韓国

【ソウル聯合ニュース】多文化家庭(国際結婚、移民者の家庭)の児童の半分以上は、中国語や日本語など母親の母国語を学んでいることが分かった。

 育児政策研究所のソ・ムンヒ研究員は8日に開かれた多文化家族フォーラムで、多文化家庭の保護者1826人と保育士・幼稚園教諭1200人に対するアンケートの結果を明らかにした。

 それによると、多文化家庭の児童の54.6%は母親の母国語を学んでいると回答し、44.6%は学んでいないと答えた。

 母親の母国語を学んでいる子どもの割合は、母親が中国・漢民族の場合が73.8%、日本人の場合が71.7%、ウズベキスタン人の場合が66.0%だった。これに対し、母親がカンボジアやモンゴル、ベトナム出身の場合は、母親の母国語を学んでいない子どもの割合が50%を超える。

 中国語や日本語、ロシア語などは韓国でも活用度が高い一方、カンボジアやモンゴル、ベトナムの言語は活用する機会がほとんどないためとみられる。

 将来的に、子どもが母親の本国で暮らすことを希望するかとの質問には、約18%が希望すると答え、35.3%が希望しないと答えた。母親の本国での居住を希望するとの回答率は、母親がモンゴル人の場合が28.9%で最も高く、次いでタイ人、中国・漢民族と続いた。

 一方、保育士・幼稚園教諭に対する調査では、多文化家庭の乳幼児が適応する上での最も大きな問題点として「言語発達の遅れ」(43.2%)が挙がった。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。