Go to Contents Go to Navigation

拉致被害者の申淑子さん死亡? 北朝鮮が国連に通知

記事一覧 2012.05.08 21:13

拉致被害者の申淑子さん死亡? 北朝鮮が国連に通知

【ソウル聯合ニュース】西ドイツ(当時)滞在中の1985年に夫と共に北朝鮮に誘い出され、政治犯収容所に抑留されているとみられていた韓国出身の申淑子(シン・スクジャ)さんが、肝炎を患い死亡していたと北朝鮮が国連に通知したことが分かった。人権団体の北朝鮮反人道犯罪撤廃国際連帯(ICNK)が8日、ソウルのメディアセンターで行った記者会見で明らかにした。

 ICNKは昨年11月に国連の人権高等弁務官事務所(OHCHR)を通じ国連の任意的拘禁に関する実務グループに申さんと2人の娘の救出を要請していた。実務グループは今年3月に北朝鮮に質疑書を送り、北朝鮮当局から先月27日に公式回答を受け取った。

 北朝鮮当局は国連に送った書簡で、1986年に北朝鮮を脱出して韓国に戻り、妻と娘の救出活動を続けている申さんの夫の呉吉男(オ・ギルナム)さんについて「家族を捨て2人の娘の母親を死に追いやったため、2人の娘は呉氏を父親と思っていない。2人は呉氏に会うことを強く拒否している」と主張した。

 呉さんは「典型的なうそだ」として、北朝鮮の根拠のない主張は受け入れられないと話した。ICNK側は「北朝鮮当局は申さんがいつどこで死亡したのか具体的な情報を提供すべき」と話した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。