Go to Contents Go to Navigation

<芸能>カンヌ映画祭コンペ部門 韓国作品の受賞ならず

記事一覧 2012.05.28 11:08

<芸能>カンヌ映画祭コンペ部門 韓国作品の受賞ならず

【カンヌ聯合ニュース】27日閉幕した今年のカンヌ国際映画祭で、最高賞を選ぶコンペティション部門に韓国の2作品が出品されたが、いずれも受賞には至らなかった。

 イム・サンス監督の「カネの味」(原題)は社会性の濃い作品で期待も大きかった。受賞を逃したイム監督は「韓国人にしか理解できないローカルな作品。外国人はやはり、感じることが私たちと異ならざるを得ない」とコメントした。

 コンペティション部門にはホン・サンス監督の「他の国で」(原題)も出品された。ホン監督にとってはカンヌで8本目の作品紹介となった。

 一方、批評家週間の中短編コンペティション部門で、シン・スウォン監督の「サークルライン」(原題)が「カナルプリュス賞」を受賞した。

 監督週間では、ホ・ジノ監督作品でチャン・ドンゴン主演の中国映画「危険な関係」(原題)と、ヨン・サンホ監督の長編アニメ「豚の王」(原題)も紹介された。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。