Go to Contents Go to Navigation

慰安婦碑撤去要請に抗議 NYタイムズに全面広告

記事一覧 2012.05.30 08:59

慰安婦碑撤去要請に抗議 NYタイムズに全面広告

【ニューヨーク聯合ニュース】旧日本軍の元従軍慰安婦に対し謝罪や補償を求める全面広告が3月に続き、29日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)に掲載された。

 「覚えていますか?」という題の今回の広告は、最近、日本政府が米ニュージャージー州パラセイズ・パーク市公立図書館の慰安婦碑について撤去要請を行ったことに対する抗議の意味がこめられている。

 広告の背景は、1970年代に西ドイツ(当時)のブラント首相がポーランド・ワルシャワのユダヤ人虐殺被害者慰霊碑前でひざまずいて謝罪している写真。「心からの謝罪によって、ドイツは世界平和に大きく寄与するようになった」と説明した上で、「日本はドイツの行為から学ぶ必要がある」と主張した。

 広告は、韓国の広報専門家として知られる誠心女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)客員教授が企画し、韓国の歌手キム・ジャンフンさんが掲載費用を出した。

 2人は慰安婦関連の動画広告を制作し、米CNNテレビなどのメディアで放映する予定だという。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。