Go to Contents Go to Navigation

韓国・蔚山 日本へのPRは「クジラ観光」鍵か

記事一覧 2012.05.31 11:13

韓国・蔚山 日本へのPRは「クジラ観光」鍵か

【蔚山聯合ニュース】韓国・蔚山市の公務員が九州で調査したところ、蔚山の知名度は非常に低いことが分かった。

 個人自由旅行を研究する蔚山市職員の集まりが31日、明らかにした。海外からの個人旅行者の増加策を講じるため今年初めに九州を旅行し、現地でアンケート調査を実施したところ、68人の回答者のうち蔚山を「良く知っている」と答えた人はわずか1人で、72.1%にあたる49人は「聞いたことがない」と答えた。

 蔚山の観光資源を提示し関心のある分野を尋ねたところ、30人が「クジラ観光」を挙げた。「盤亀台岩刻画」などの先史文化(22人)や太和江大公園(22人)、産業探訪(16人)、西生浦倭城(15人)に対する関心も高かった。 

 また、蔚山市が無料宿泊券とシティーツアー利用券を提供する場合、蔚山訪問の意向があると答えた人は37人(55.2%)だった。

 蔚山市職員の集まりは「市レベルの積極的な海外広報と情報提供、クジラ関連観光や釜山・慶州を絡めた商品の開発などが必要」と話した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。