Go to Contents Go to Navigation

「悲鳴響く日近い」北朝鮮が韓国保守系メディア威嚇

記事一覧 2012.06.11 18:25

「悲鳴響く日近い」北朝鮮が韓国保守系メディア威嚇

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が、朝鮮日報、中央日報、東亜日報など韓国の保守系メディアに対する威嚇を強めている。

 北朝鮮の対外向けラジオ放送、平壌放送は11日「われわれの革命的武装力は新たな悪行を演出している朝鮮日報、中央日報、東亜日報だけでなく、KBS、CBS、MBC、SBSなど放送局の座標も把握しており、集中射撃の命令を待っている。(これらメディアのビルで)悲鳴が響く日は遠くない」と威嚇した。

 さらに、韓国の保守系メディアは、北朝鮮の「最高尊厳」である金正恩(キム・ジョンウン)第1書記を冒とくした大逆罪がどれだけ悲惨な結末をもたらすのか、痛感することになるだろうと脅した。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。