Go to Contents Go to Navigation

韓国初等練習機KT1 ペルー輸出秒読み

記事一覧 2012.06.21 17:59

韓国初等練習機KT1 ペルー輸出秒読み

【リオデジャネイロ聯合ニュース】韓国の技術で開発された初等練習機「KT1」のペルー輸出が秒読み段階に入った。

 青瓦台(大統領府)関係者によると、国連持続可能な開発会議(リオ+20)のためブラジル・リオデジャネイロを訪問中の李明博(イ・ミョンバク)大統領は20日、ペルーのウマラ大統領と会った席で「週内にもKT1選定作業の結論が出る」と告げられたという。同関係者は「この発言を考慮すると、KT1が選ばれる可能性は高いようだ」と話している。

 KT1は韓国航空宇宙産業(KAI)と国防科学研究所(ADD)が1998年に独自開発した機種で、現在、韓国空軍が85機を運用している。ペルー輸出が実現すれば、20機・2億ドル(約160億円)相当を販売することになると見込まれる。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。