Go to Contents Go to Navigation

韓国企業の収益性悪化 景気低迷が影響

記事一覧 2012.06.21 18:30

韓国企業の収益性悪化 景気低迷が影響

【ソウル聯合ニュース】景気低迷の余波で、1~3月期の韓国企業の成長性、収益性、安定性がいずれも悪化したことが分かった。

 韓国銀行(中央銀行)が21日に発表した「上場企業経営分析」によると、調査対象となった企業1739社の1~3月の売上高は前年同期比10.5%増加にとどまり、増加率は昨年10~12月期(同12.6%増加)より縮小した。また、昨年の年間売上高増加率(14.1%)を下回った。

 韓国銀行は「国外の経済環境の悪化に伴い、韓国企業の売上高増加の勢いが大きく鈍化した」と説明した。

 企業の収益性を示す指標も悪化した。売上高営業利益率は前年同期の6.6%から5.2%に、売上高税引前純利益率は7.5%から6.6%に落ち込んだ。韓国銀行は収益性の悪化について、原油など国際原材料価格の上昇が原因だと分析した。

 安定性を示す負債比率は昨年10~12月期の99.5%から101.2%に悪化し、借入金依存度は25.5%から26.0%に上昇した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。