Go to Contents Go to Navigation

<芸能>イ・ビョンホンとアン・ソンギ ハリウッドに手形

記事一覧 2012.06.24 11:06
イ・ビョンホン 「G.I.ジョー」続編に自信(5月2日)
≪「出演作を選択できる俳優に成長したい」≫
 ハリウッド映画「G.I.ジョー」シリーズの第2作「G.I.ジョー バック2リベンジ」の記者会見が25日、ソウルで行われ、冷酷な殺し屋ストームシャドーを演じた俳優のイ・ビョンホンが感想を語った。
 前作に続きストームシャドーを演じたイ・ビョンホンは同役について「どこにも属さない、孤独で寂しいファイター」と解説した。
 今作では登場人物が背負う過去や葛藤が明らかになり、台詞や演技にもアクションと同じくらい力を入れていると話し、「『ドラマ』がある映画」と自信を見せた。
 同作は2009年に公開された「G.I.ジョー」の続編で、世界最強の特殊軍団「G.I.ジョー」と悪の組織「コブラ」の対決を描く。今作には人気俳優のブルース・ウィリスも伝説の人物として登場する。
 ハリウッドでは新人だと謙遜し、いつかは出演したいと思うハリウッド映画を自ら選択できる俳優に成長したいと抱負も語った。
 一方、イ・ビョンホンと韓国の国民的俳優のアン・ソンギは6月23日、映画スターの手形で有名なハリウッドのチャイニーズ・シアター広場に手形と足型を刻む。アジア人俳優としては初という。イ・ビョンホンは「今でも信じられない」と喜びを語った。
 「G.I.ジョー バック2リベンジ」は6月、韓国で公開される。
(2012年5月2日、聯合ニュース)
(END)
笑顔のイ・ビョンホン

【ロサンゼルス聯合ニュース】韓国を代表する俳優、イ・ビョンホンとアン・ソンギが23日(日本時間24日)、映画スターの手形で有名な米ハリウッドのチャイニーズ・シアター前広場に手形と足型を刻んだ。アジアの俳優では初めて。

青竜映画賞レッドカーペット

 2人は同日、手形と足型を刻むイベントに参加した。日本人を含む300人以上のファンらが見守る中、コンクリート地面に韓国語と英語でサインした後、両手のひらと靴を履いた足型を深く刻んだ。

「悪魔を見た」のイ・ビョンホン

 イ・ビョンホンは「観光客としてやって来て、ここで記念撮影をしていたので、(手形が展示されることは)今でも信じられない。これまで俳優を20年間やってきたが、これからの20年間も『頑張れ』との激励だと考えている」と話した。

「悪魔を見た」主演2人

 アン・ソンギは「あこがれの名俳優らと共に手形を刻めるのは大変光栄」と感慨深げに語った。

 チャイニーズ・シアター前広場はチャップリンやクラーク・ゲーブル、ゲイリー・クーパー、マリリン・モンローら映画スターら200人以上の手形が刻まれており、ハリウッドの有名な観光名所になっている。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。