Go to Contents Go to Navigation

韓日軍事情報包括保護協定 今週中にも締結

記事一覧 2012.06.27 08:57

韓日軍事情報包括保護協定 今週中にも締結

【ソウル聯合ニュース】早ければ一両日中にも韓国政府と日本政府が軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を締結することが27日、分かった。主に北朝鮮情報を共有する同協定締結については、韓国国民の反対などで延期されていたが、必要性が高いと判断された。

 韓国政府の消息筋によると、韓国政府は26日の閣僚会議で同協定を締結することを決めた。すでに韓日両国は締結のための署名手続きを進めており、遅くても来週中には署名式が行われるという。

 韓国政府は当初、5月に同協定を結ぶ予定だったが、日本と軍事協定を結ぶことに拒否感を持つ国民感情に考慮し締結を延期した。ただ、北朝鮮からの脅威が続いていることや日本が来月に独島を自国の領土だとする内容を盛り込んだ防衛白書を発表することもあり、締結を来年に先延ばしすることはできないと判断した。

 協定が締結されれば、両国が収集した北朝鮮軍や北朝鮮社会の動向、核兵器やミサイルなどについての情報を共有できる。

 韓国政府の関係者は「締結はメリットが多い。北朝鮮情報の共有チャンネルの拡大を意味する」と話した。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。