Go to Contents Go to Navigation

伸び悩むEV市場 見通しも慎重・楽観の2通り

記事一覧 2012.06.28 12:42

伸び悩むEV市場 見通しも慎重・楽観の2通り

【ソウル聯合ニュース】電気自動車(EV)市場の成長速度が予想を下回っており、今後の見方も分かれていることが分かった。

 韓国知識経済部が28日までにまとめたエコカー関連資料によると、昨年は世界で14モデルのEVが発売されたが、普及は米国や日本、欧州の一部、中国を中心に4万3000台程度にとどまった。

 また、2020年に世界自動車市場でEVが占める割合は、2~4%にすぎないという慎重な予測と、10~12%に成長するという楽観的な見通しに分かれているという。

 韓国の場合、公共機関向けにEV補助金を支給しており、昨年の250台普及に続き、今年は2500台を目指している。

 しかし、経済協力開発機構(OECD)事務局や調査会社は、各国政府の意欲的な目標設定に比べ、業界の生産計画は低いと指摘した。技術的な限界が普及拡大を妨げる主因という。EVなどエコカー市場を拡大するには、技術競争と革新的なビジネスモデル創出を促す政策が求められると分析した。

 知識経済部はこの点に関心を示し、新たな観点で戦略を講じる必要があると言及した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。