Go to Contents Go to Navigation

韓日の軍事情報包括保護協定 明日午後に署名

記事一覧 2012.06.28 16:29

韓日の軍事情報包括保護協定 明日午後に署名

【ソウル聯合ニュース】韓国の野党や一部市民らが強く反発している韓日間の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が、29日午後に東京で締結される。

 外交通商部の趙炳ジェ(チョ・ビョンジェ)報道官は28日の定例会見で、「特別な問題がなければ、明日午後には署名が可能。申ガク秀(シン・ガクス)駐日韓国大使と玄葉光一郎外相が東京で締結する予定だ」と明らかにした。

 GSOMIAが締結されれば、両国が収集した北朝鮮軍や北朝鮮社会の動向、核兵器やミサイルなどについての情報を共有できるようになる。協定は5月末に締結予定だったが、日本と軍事協定を結ぶことに拒否感を持つ国民感情など韓国側の事情で先延ばしされていた。そんななか、韓国政府は26日の閣議で、非公開で同案件を処理し、野党や市民団体から非難を受けている。

 一方、GSOMIAと同時に進めていた物品役務相互提供協定(ACSA)の締結については、「国防当局の要請で政府内で検討が行われているのは事実。検討内容が多いため、現時点で締結時期に言及するのは時期尚早」と話した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。