Go to Contents Go to Navigation

日本人ら留学生36人 ソウル市庁で就業体験開始

記事一覧 2012.06.29 13:26

日本人ら留学生36人 ソウル市庁で就業体験開始

【ソウル聯合ニュース】ソウル市は29日、市内の大学に留学中の外国人36人が参加するインターンシップ(就業体験)がスタートしたと明らかにした。

 インターンシップ期間は同日から8月10日までの6週間。36人の出身地は日本、中国、米国(いずれも7人)など16カ国・地域に上る。

 参加者は同市本庁や事業所、関連機関に配置され、外国語能力などを生かし、国際イベント支援や世界都市の政策資料の調査・分析などの業務を行う。

 ソウル市は2008年、韓国の政府・自治体で初めて夏・冬休み中にソウル在留の外国人留学生を対象にしたインターンシップを始めた。これまで9期生、計40カ国・地域の261人が参加した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。