Go to Contents Go to Navigation

韓日の軍事情報保護協定 米国の思惑は

記事一覧 2012.06.29 15:27

韓日の軍事情報保護協定 米国の思惑は

【ワシントン聯合ニュース】韓国と日本の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)をめぐる議論が活発化する中、13~14日に米ワシントンで開催された韓米外務・国防担当閣僚会議(2プラス2)の結果があらためて関心を集めている。会議で米国は韓国に協定の締結を働きかけ、締結に向けた動きが加速したとの分析が出ている。

 会議後に発表された共同声明では「両側は韓・米・日安全保障討議をはじめ、3者の安保協力・協調に向けたメカニズムを強化することにした」と明記されている。

 このうち、「メカニズム」は単純な3カ国の協力を超え、具体的な取り組みをほのめかしている。

 米国はこの間、北朝鮮と中国をにらみ、韓日米の3者協力強化を進めてきた。

 2010年の韓米安保協議会(SCM)では米国の主導により、3カ国の軍事協力に関するコンセンサスが得られた。

 SCM直後は米軍制服組トップのマイク・マレン統合参謀本部議長(当時)が訪韓し、中国を激しく批判。韓米共同軍事訓練への日本の参加を促し、問題となった。

 こうした米国の思惑を受け、近く韓国と日本の協力関係が進展するとの観測が流れた。

 協定の締結と関連した米国の役割が浮上すると、米国は慎重に対応している。ただ、米国の思惑はうかがえる。

 米国務省当局者は27日、協定締結について、「同盟国の韓国と日本の緊密な関係を歓迎する」と述べた。これに対し、韓国政府高官は「米国とは関係なく、安保利益と日本と交流する必要性を考えて推進した」と説明した。

  kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。