Go to Contents Go to Navigation

韓国とベトナム 13日にFTA交渉開始

記事一覧 2012.07.02 19:12

韓国とベトナム 13日にFTA交渉開始

【ソウル聯合ニュース】韓国とベトナムが13日、ベトナム・ハノイで自由貿易協定(FTA)締結に向けた交渉を開始する。韓国政府消息筋が2日、伝えた。

 両国はこの間、実務交渉を行い、FTA交渉の開始日と推進計画など具体的な交渉計画を確定した。

 両国の国交正常化20周年に合わせスタートするFTA交渉により、韓国は2015年に経済統合を目指す東南アジア諸国連合(ASEAN)への本格参入と輸出先の多角化を図る。

 韓国政府と業界では約1億人の人口や低賃金労働力、高い教育熱と文化的な同質性などを有するベトナムが韓国の新たな戦略市場に浮上するとみている。

 両国のFTA交渉の争点はベトナム最大生産品のコメや果物、水産物市場の開放になると予想される。

 ベトナムは拡大している対韓国貿易赤字の是正を促し、争点分野での譲歩を要求する見通しだ。ベトナムの昨年の対韓国貿易赤字は84億7000万ドル(約674億円)となっている。

 韓国とASEANのFTAは2007年に発効したが、韓国企業のFTA活用率は10%以下となっている。韓国の主力輸出品の自動車や部品、電機・電子などの品目はASEANとのFTAに含まれておらず、ベトナムとのFTA締結を求める声が上がっていた。両国の昨年の貿易規模は186億3000万ドルと、前年比で約50億ドル増加するなど、毎年増えている。

 ベトナム市場に進出した韓国企業はサムスン電子やポスコなど2500~3000社とされる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。