Go to Contents Go to Navigation

上半期の海外プラント受注 前年比1.2%増=韓国

記事一覧 2012.07.03 16:24

上半期の海外プラント受注 前年比1.2%増=韓国

【ソウル聯合ニュース】知識経済部と韓国プラント産業協会は3日、韓国企業による上半期の海外プラント受注額は286億ドル(約2兆3000億円)で、前年同期比1.2%増加したと明らかにした。

 今年は大規模な工事の発注が下半期に集中しており、上半期に予定されていたプロジェクトの発注も遅れたため、上半期の業績不振が予想されていたが、先月にアラブ首長国連邦(UAE)、カザフスタン、サウジアラビアなどで受注が相次ぎ、6月だけで136億ドルの受注を達成した。

 上半期はアジアや中南米市場での受注が増え、中東への偏りが緩和された。

 特に、アジアでの受注が192.0%増加し、全体に占める割合は昨年上半期の12.4%から35.6%に拡大。米州地域でも、ベネズエラやチリなど新興市場への進出が活発化し、受注が20.2%増えた。

 一方、債務危機の打撃を受けた欧州での受注は57.6%減。大型プロジェクトが少なかった中東での受注も29.0%減少し、全体に占める割合は49.9%から34.8%に縮小した。

 下半期には大型プロジェクトの発注が相次ぐ見通しで、年間700億ドルという受注目標は問題なく達成できるものと見込まれる。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。