Go to Contents Go to Navigation

韓国企画財政部長官 政府事業の強行を示唆

記事一覧 2012.07.04 21:19

韓国企画財政部長官 政府事業の強行を示唆

【ソウル聯合ニュース】企画財政部の朴宰完(パク・ジェワン)長官が、政府の主要課題を強行する考えを示唆した。

 朴長官は4日の危機管理対策会議で、「国の政治は『リレー』だ。今の走者が全力疾走して次の走者に(バトンを)渡さなければならない。今すべきことを先送りすれば、それだけ経済が後退する」と述べた。その上で「一部で主要な国政課題を次の政権に先送りすべきとの要求が高まっているが、第19代国会が開会しただけに、国会と議論して(主要課題を)やり遂げるべきだ」と強調した。

 与党セヌリ党は年末の大統領選挙への影響を考慮し、仁川国際空港公社の株式売却、次期主力戦闘機(FX)の機種選定といった政府事業を次期政権で推進するよう求めており、朴長官の発言には反発が予想される。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。