Go to Contents Go to Navigation

世銀総裁の初出張先 韓国が有力=外交消息筋

記事一覧 2012.07.05 12:57

世銀総裁の初出張先 韓国が有力=外交消息筋

【ワシントン聯合ニュース】ジム・ヨン・キム世界銀行総裁の初の海外出張先は自ら「成功の手本」に挙げた韓国になる可能性が高いようだ。米ワシントンの外交消息筋が4日、明らかにした。

 世界銀行が開発途上国などを支援するにあたり成功モデルとしている韓国がキム総裁の初訪問地になる公算が大きく、9~10月に訪韓することで具体的な日程を調整しているという。

 キム総裁は世界銀行の総裁に内定してから主要加盟国の支持を求めるため、各国を訪問した際に韓国にも立ち寄って李明博(イ・ミョンバク)大統領や朴宰完(パク・ジェワン)企画財政部長官、金仲秀(キム・ジュンス)韓国銀行総裁らと会談している。そのため、実際に韓国を訪れる際には物心両面で支援してくれた故国に対する感謝の気持ちを伝えるとみられる。

 ただ、キム総裁の訪韓目的は単なる「あいさつ」にとどまらないと専門家らは指摘する。開発途上国に支援する基金を集める世界銀行総裁としての役割のため、韓国を最優先訪問先に挙げているという。

 米国や欧州各国をはじめとする先進国が自国の経済危機を受け、支援規模を減らしている中、これらの国よりは状況の悪くない韓国などから協力を求める狙いがあるとみられる。

 特に韓国は貧しかった国から経済強国になった唯一の事例であるだけに、開発途上国に支援を行えば、これらの国に希望を与える契機になるとの期待も作用したとみられる。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。