Go to Contents Go to Navigation

韓国の政策金利 外資系金融は年内据え置きを予想

記事一覧 2012.07.05 19:39

韓国の政策金利 外資系金融は年内据え置きを予想

【ソウル聯合ニュース】韓国の国際金融センターは5日、外資系の金融会社や投資銀行のほとんどが、韓国の政策金利が年内は現在の水準で据え置かれることを予想していると明らかにした。韓国の政策金利は6月まで12カ月連続して年3.25%のまま。

 スタンダードチャータード銀行などは将来の予想物価上昇率となる「期待インフレ率」が高止まりしていることを根拠に、利下げなしの据え置きを予想。バークレイズは「政府が財政支出の拡大を通じた景気浮揚策に乗り出せば、金利は据え置かれる」とした。

 クレディ・スイスは利下げによって対外要件を改善するのは難しいとした上で、「韓国の景気が深刻な水準まで悪化しない限り据え置きが続く」とした。

 ほとんどの金融機関が据え置きを予想したが、バンクオブアメリカ・メリルリンチとシティとシティグループは物価上昇圧力の緩和や国内外の景気低迷を理由に利下げを予想した。バンクオブアメリカ・メリルリンチは0・5%の利下げを見込んだ。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。