Go to Contents Go to Navigation

慰安婦少女像侮辱の日本人に入国禁止措置=韓国

記事一覧 2012.07.10 11:07

慰安婦少女像侮辱の日本人に入国禁止措置=韓国

【ソウル聯合ニュース】ソウルの日本大使館前に設置されている従軍慰安婦を象徴する少女像に、「竹島は日本固有の領土」との文言が書かれたくいを縛り付けた日本人男性に対し、韓国への入国を禁止する措置が取られた。

 元慰安婦の女性が共同生活する施設「ナヌムの家」のアン・シングォン所長が9日に明らかにした。元慰安婦の女性10人はソウル出入国管理事務所に男性の韓国入国禁止を求める申請書を提出していた。

 男性は再び韓国に入国し少女像に縛り付けたものと同様のくいを販売することを計画していたという。アン所長は「入国禁止措置により、(男性は)これ以上韓国で活動できなくなる」と評価した。

 元慰安婦の女性らはソウル中央地検に名誉棄損と冒涜(ぼうとく)の疑いで男性を告訴・告発している。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。