Go to Contents Go to Navigation

調査捕鯨計画 韓国政府「別の方法あれば撤回も」

記事一覧 2012.07.11 17:24

調査捕鯨計画 韓国政府「別の方法あれば撤回も」

【ソウル聯合ニュース】韓国農林水産食品部の姜俊錫(カン・ジュンソク)遠洋協力官は11日の会見で、国際捕鯨委員会(IWC)年次総会で調査捕鯨を始める方針を示し、反捕鯨国などから懸念の声が出ていることを受け、「捕鯨をせずにクジラを調査する方法があれば実施しないこともあり得る」と述べた。

 同部は、来年5月に韓国で開かれる国際捕鯨委員会(IWC)の科学委員会で調査捕鯨の承認を得るため、11月までに捕鯨計画書を提出する方針だった。韓国の沿岸でクジラの数が増え、漁業への被害が深刻化しているが、船から肉眼で調査する現行のやり方ではクジラの習性などを把握するのに限界があるためだ。

 だが、反捕鯨国のオーストラリアなどは、クジラにチップを埋め込み、衛星追跡で調査する方法などを推奨している。

 姜協力官は、調査捕鯨の実施有無は科学委員会の勧告を尊重するとし、来年2月に予定されている専門家検討会や科学委員会で別の調査方法が提示されれば、検討の余地はあると強調した。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。