Go to Contents Go to Navigation

韓国与党幹部が辞職 所属議員逮捕案否決の引責

記事一覧 2012.07.11 17:45

韓国与党幹部が辞職 所属議員逮捕案否決の引責

【ソウル聯合ニュース】与党セヌリ党の李漢久(イ・ハング)院内代表は11日、同党の鄭斗彦(チョン・ドゥオン)国会議員に対する逮捕同意案が国会で否決された責任を取り辞職した。

 鄭議員は李明博(イ・ミョンバク)大統領がソウル市長だった当時、副市長を努めた最側近の1人。李大統領の実兄、李相得(イ・サンドゥク)前国会議員が貯蓄銀行から不正資金を受け取り逮捕された事件で、現金授受の場にいたとされており、検察が逮捕状を請求していた。

 国会議員を国会会期中に逮捕するには、逮捕同意案の可決が必要だったため同日、採決が行われた。同意案は賛成74、反対156、棄権31、無効10で否決された。

 李院内代表は否決直後に記者会見を開き、「国会が刷新したことを国民に示すことが出来ず、申し訳なく思う」と辞任を表明した。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。