Go to Contents Go to Navigation

視力0.1のアーチェリー韓国代表 林東賢が話題に

記事一覧 2012.07.29 01:34

視力0.1のアーチェリー韓国代表 林東賢が話題に

【ロンドン聯合ニュース】アーチェリー韓国代表、林東賢(イム・ドンヒョン)がロンドン五輪で話題を集めている。

 林はアテネ大会と北京大会の男子団体で金メダルを獲得。今大会では27日に行われたランキングラウンドで世界新記録を樹立した。

 だが、大韓アーチェリー協会が明らかにしている林の視力は0.1。五輪組織委員会が発行した雑誌は林について、「法的な視覚障害者(legally blind)と見ることができる」と紹介している。

 林は遠視のため、本を読んだり、パソコンを使う時は眼鏡をかけるが、遠くにある的を狙うことには大きな問題はないという。

 的が正確に見えないのはほかの選手も同じで、世界一流の選手らは視力よりは、練習で得た体の感覚で矢を放つ。

 林は「視力はよくないが、アーチェリー選手として活動するのに悪影響を与えるデメリットではない」と強調する。「ほかの人と同じアーチェリー選手として見てほしい」と話した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。