Go to Contents Go to Navigation

韓国南部の原発が故障で自動停止=安全には問題なく

記事一覧 2012.07.30 19:47

韓国南部の原発が故障で自動停止=安全には問題なく

【ソウル聯合ニュース】韓国南部・全羅南道の霊光原子力発電所6号機が30日午後、故障で自動停止した。

 韓国水力原子力は「午後2時57分ごろ、霊光6号機で原子炉停止保護警報が鳴り、自動的に発電が停止した。現在原因を調べている」と伝えた。同機の発電容量は100キロワット級。

 発電所の安全には問題がなく、外部への放射能漏れの危険もないという。韓国水力原子力は停止原因を調査した後、原子力安全委員会の承認を得て発電を再開する計画。ただ、稼動時期は未定で、電力供給不足を懸念する声も上がっている。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。