Go to Contents Go to Navigation

故意負け疑惑の韓国選手に帰国措置=大韓体育会

記事一覧 2012.08.02 21:37

故意負け疑惑の韓国選手に帰国措置=大韓体育会

【ロンドン聯合ニュース】大韓体育会は、ロンドン五輪のバドミントン女子ダブルスの1次リーグで、準々決勝以降の組み合わせを考えて故意に負けようとしたとして失格処分となった韓国選手4人らを帰国させることにした。

 李起興(イ・ギフン)選手団長は2日、「役員会議で失格となった選手4人とコーチの計5人の大会身分証を没収し、選手村から追放することにした」と明らかにした。

 大会身分証のない選手らは競技場への出入りはもちろん、試合を観戦することもできず、間もなく帰国する予定。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。