Go to Contents Go to Navigation

体操で韓国勢初の金 五輪金メダル計11個に 

記事一覧 2012.08.07 08:53

体操で韓国勢初の金 五輪金メダル計11個に 

【ロンドン聯合ニュース】ロンドン五輪第11日の6日、韓国代表は体操で五輪初の金メダルを獲得し、金メダルの数を11個に増やした。

 体操男子種目別跳馬決勝で、韓国の梁鶴善(ヤン・ハクソン)が大技を決め、16.533点で金メダルに輝いた。韓国勢は1960年のローマ大会から体操競技に出場してきたが、メダルは銀と銅各4個にとどまっていた。

 また、韓国は射撃の男子ライフル3姿勢決勝で、金宗玄(キム・ジョンヒョン)が最後の1発で順位を一つ上げ、銀メダルを獲得した。ライフルでのメダルは2000年のシドニー大会以来。

 韓国のメダル数は金11、銀5、銅6で、総合4位をキープしている。

 このほか、卓球男子団体の準決勝で韓国が香港を下した。決勝で中国と対戦する。ボクシング男子ライト級では韓淳チョル(ハン・スンチョル)が準決勝進出を決め、銅を確保した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。