Go to Contents Go to Navigation

<インタビュー>YGエンタの梁鉉錫代表「MVは重要なコンテンツ」

記事一覧 2012.08.14 14:57

<インタビュー>YGエンタの梁鉉錫代表「MVは重要なコンテンツ」

【ソウル聯合ニュース】「もはや海外進出のために、こちらからドアを叩く必要はありません。ノックの音が聞こえたらドアを開ければよい時代が来たと思います」――。

 韓国の大手芸能事務所、YGエンターテインメントの梁鉉錫(ヤン・ヒョンソク)代表は、所属歌手のPSY(サイ)の新曲「江南スタイル」が、一度もプロモーションを行わずにミュージックビデオだけで海外でも反応を得ているのを目の当たりにし、さまざまな思いがあるようだ。

 特に米国市場はSE7EN(セブン)をはじめ多くの歌手がノックしたもののドアは開かれなかったが、PSYは1本のミュージックビデオで海外から反応があり、「全く予想もできなかったこと」だという。

 このように時代が変化したのは、動画投稿サイト「ユーチューブ」やソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などデジタルメディアの力によるものだということは誰もが知っている事実だが、こうした環境の中で梁代表が最も神経を使ったのがミュージックビデオだった。

 梁代表は「過去に、世界のマイケル・ジャクソンファンはミュージックビデオを見ながらダンスをまねたり、感動しました。今の時代、ミュージックビデオは世界の大衆とコミュニケーションする重要な広報コンテンツです。一つの芸術作品としてアプローチしてこそ音楽は輝くことができるのです」と強調する。

◇世界に披露するミュージックビデオの制作に注力

 こうした考えから、梁代表はBIGBANG(ビッグバン)や2NE1(トゥエニィワン)ら所属アーティストのテレビ番組への出演を減らす代わりに、ミュージックビデオの制作に巨額を投じた。その背景には梁代表のこだわりがあった。

 「今はテレビが発する情報を受け入れるよりも個人が情報を選択する開かれた時代だ」と語る梁代表は、所属アーティストらの曲がテレビの音楽番組で3週連続1位を記録するよりも、大衆が選択するネット上の音源チャートで10日間1位となり、ミュージックビデオの再生回数が多い方がうれしいのだという。

 多くのプロデューサーがアーティストのミュージックビデオに力を入れるよりも番組出演を重視するが、梁代表は正反対の戦略を展開した。おかげで国内外で所属アーティストに関するコンテンツが信頼を得るようになり、手応えも感じている。

 その結果、ユーチューブが先月発表した集計によると、上半期(1~6月)に国内外のユーザーが最も多く見たK-POPの動画のランキングで、BIGBANGの「Fantastic Baby」が1位、「Blue」が2位、「Bad Boy」が4位、「Monster」が6位と10位内に4曲のミュージックビデオがランクインした。

 2NE1の「I AM THE BEST」のミュージックビデオは14日現在、ユーチューブでの再生回数が5000万回に迫った。

 PSYの「江南スタイル」のミュージックビデオも人気が高い。ジャスティン・ビーバーを育てたマネジャー、スクーター・ブラウンが短文投稿サイト「ツイッター」に「どうして私はこの男と契約をしなかったのか(How did I not sign this guy!」とつづり、T-PAINやロビー・ウィリアムズら海外のポップスターが同ビデオについて言及するなどSNSで広まり、ユーチューブでの再生回数は2700万回を突破した。

 梁代表は「江南スタイル」のミュージックビデオについて、「コミカルな映像、シャッフルダンスブームを起こしたLMFAOの曲のような楽しい音楽、中毒性のあるダンス、PSYという独特のキャラクターが調和し、海外でも好評を得ています」と説明した。

◇ミュージックビデオ事前審議制度には疑問

 一方、韓国で18日から施行される映像物等級委員会によるミュージックビデオの事前等級審議制度については「旧時代的な発想だ」との見方を示した。

 梁代表は「K-POPが海外でブームとなった理由のうちの一つが質の高いミュージックビデオです。地上波放送の審議を強化するというのなら納得できます。しかし、これまでにミュージックビデオのせいで模倣犯が出るなどの社会的問題が発生したこともない。たとえ問題があるミュージックビデオがあるとしても0.01%にも満たず、残り大多数は不要な状況に置かれることになるでしょう」と語った。

 また、ミュージックビデオは世界のファンが見る映像だが、同制度は韓国内の基準を適用して審議しようとしていると指摘した。ドラマや映画よりも数が多い音楽関連のコンテンツは審議にも時間がかかり、曲の発表を計画通りに進めるのも難しくなるとした上で、「この制度は代表選手をサッカーの試合に出場させておきながら片方の足を不自由にしてプレーしろと言っているようなものです」と語気を強めた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。