Go to Contents Go to Navigation

日本大使館に火炎瓶 中国人被告の善処求め嘆願書

記事一覧 2012.08.16 20:54

日本大使館に火炎瓶 中国人被告の善処求め嘆願書

【ソウル聯合ニュース】ソウルの日本大使館に火炎瓶を投げつけ、建造物放火未遂罪などで起訴され一審で懲役10カ月の実刑判決を受けた30代の中国人の男に対する善処を求める嘆願書を、第二次世界大戦の犠牲者遺族らが裁判所に提出していたことが分かった。

 「太平洋戦争犠牲者遺族会」は16日、男の控訴審が行われるソウル高裁に対し、「(被告は)犠牲者遺族であり被害者。一審判決は力のない犠牲者に対し過酷過ぎる」として善処を求めた。

 男は、自分の祖母が旧日本軍の従軍慰安婦にされたほか、曾祖父が日本の植民地時代に独立運動を行い、拷問の後遺症のために死亡したなどと供述していた。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。