Go to Contents Go to Navigation

韓日外交摩擦 韓国大統領府が解決の意志強調

記事一覧 2012.08.16 20:39

韓日外交摩擦 韓国大統領府が解決の意志強調

【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)高官は16日、記者団に対し、李明博(イ・ミョンバク)大統領の独島訪問や天皇の訪韓の条件として謝罪が必要との発言などを受け韓日の外交摩擦が拡大していることに対し、解決の意志を強調した。

 青瓦台高官は李大統領の一連の強硬なメッセージについて「未来志向的な韓日関係に向けた戦略的措置」と説明。両国の歴史問題は必ず解決されなければならない課題とした上で、「両国関係の根幹を揺るがさない程度に管理することが重要」と強調した。

 李大統領の天皇に関する発言については「万が一、来韓する場合の原則論的な発言」と説明した。青瓦台の関係者も「趣旨や文脈に誤解があった。日本の遺憾表明は理解している」として、「日本側へ十分に説明する用意もある」と話した。

 ただ、独島問題については領土問題ではないとの立場をあらためて強調した。

 青瓦台は韓日外交摩擦の解決策は見出せていない。韓日関係の悪化は予想していたもので、事態収束までには当分「冷却期」が必要とみている。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。