Go to Contents Go to Navigation

サムスン勝訴困難か 米特許訴訟で賠償額めぐり攻防

記事一覧 2012.08.17 17:50

サムスン勝訴困難か 米特許訴訟で賠償額めぐり攻防

【ソウル聯合ニュース】米カリフォルニア州連邦地裁で行われているサムスン電子と米アップルの特許訴訟で、サムスン電子は16日(日本時間17日)、特許を侵害したと判断された場合の賠償額を減らすための証拠や証言を出し始めた。複数の米メディアが報じた。

 アップルはサムスン電子に対し、25億ドル(約1982億円)の損害賠償を求めている。

 サムスン電子は同日の審理で、アップル側が提示している損害額について、同社がサムスン電子の利益推定額として挙げている数字にはマーケティング費用や市場調査費、研究・開発費などの支出が含まれていないと主張した。

 またサムスン電子はアップルが2011年4月の提訴以降、特許侵害があったとされるスマートフォン(多機能携帯電話)によってサムスン電子が上げた利益はアップルの主張する22億4000万ドルではなく5億187万ドルだと指摘。アップルがサムスン製のスマートフォンが存在しなかった場合の利益を大幅に水増ししているとした。

 さらにアップルの供給制約のため、サムスン機器が存在しない場合でも「iPhone(アイフォーン)」とタブレット型多機能端末「iPad(アイパッド)」の販売に限界があるという研究・調査結果を示したほか、損害査定の根拠にしているスマートフォンの価格にも問題があると主張した。

 これに対し、アップルの弁護人はサムスン側に関連会計資料を渡すことは可能かと尋ねた。サムスン側は「そうだ」と答弁した。

 同訴訟を担当するルーシー・コー判事は、この日の審理前、両社に対し「そろそろ現実的な妥協をする時期だ」と強調したという。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。