Go to Contents Go to Navigation

「SMTOWN」ソウル公演 少女時代らに4万人熱狂

記事一覧 2012.08.18 23:39
スーパージュニア熱演

【ソウル聯合ニュース】少女時代、東方神起ら韓国の芸能事務所、SMエンタテインメントの所属アーティストによる音楽フェスティバル「SMTOWN LIVE WORLD TOUR」が18日、ソウル市内の蚕室オリンピックメーンスタジアムで開かれ、約4万人を動員した。

少女時代も華麗に

 公演前は事前イベントとして、音楽で世界が一つとなる仮想の国「MUSIC NATION SMTOWN」の宣言式や、世界各国のファンとアーティストによるパレードが行われた。

 公演は小雨が降り続くなか、少女時代や東方神起、SUPER JUNIOR、SHINee、f(x)ら14組52人が4時間30分にわたり計51曲を熱唱した。

 天上智喜-Dana&Sunday、f(x)らに続き、少女時代が登場。「Run Devil Run」「Genie」などヒット曲を披露し、会場を盛り上げた。メンバーのテヨンは「きょうは世界からファンが集まってくれました。頑張りますので、最後まで楽しんでください」とコメントし、声援を浴びた。 

 東方神起とSUPER JUNIORなど、出演者による豪華コラボレーションも繰り広げられた。最後は出演者がH.O.Tの「光」を合唱し、公演を締めくくった。

東方神起も登場

 公演のため、友人とソウルを訪れた中田ミエさん(26)は「K-POPアーティストをまとめて見ることができて楽しかった」と興奮気味に話した。

 5、6の両日に行われた東京公演では計10万人を動員した。次回公演は9月22日、インドネシアで開催される。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。