Go to Contents Go to Navigation

韓日請求権協定担当大使 国際法専門家が就任

記事一覧 2012.08.23 16:43

韓日請求権協定担当大使 国際法専門家が就任

【ソウル聯合ニュース】韓国外交通商部は23日までに、韓日請求権協定専門担当大使に金永元(キム・ヨンウォン)前オランダ大使を任命した。先ごろアゼルバイジャン大使の辞令を受けた崔錫仁(チェ・ソクイン)前大使の後任。金大使はすでに業務に就いているという。

 金大使はこれまで、独島領有権強化事業の支援大使、東海表記問題を扱う国際表記名称専門担当大使、国際司法裁判所(ICJ)のあるオランダの大使などを歴任しており、国際法に明るい。

 外交通商部・韓日請求権協定特別チームのチーム長を務める金大使は、今月末ごろに諮問委員会議を開き、慰安婦問題の対策を協議する予定だ。

 政府は韓日請求権協定の紛争解決プロセスに従い、昨年9月に慰安婦問題を話し合う2国間協議を日本に提案したが、日本側は何も対応していない。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。