Go to Contents Go to Navigation

野田首相の親書を郵送 「受け取り拒否は遺憾」=韓国

記事一覧 2012.08.23 20:22

野田首相の親書を郵送 「受け取り拒否は遺憾」=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は23日、李明博(イ・ミョンバク)大統領の独島訪問などに遺憾の意を表明した日本の野田佳彦首相の親書を書留郵便で送り返した。早ければ24日午前、日本外務省に親書が到着するとみられる。

 韓国政府は同日、在日韓国大使館を通じて親書を返送する方針だったが、日本外務省を訪問した韓国大使館員の面談要請が拒否されたため、親書を郵便で送り返した。

 韓国政府当局者は「大使館員が外務省の正門を通過することができなかった。やむを得ず書留郵便で親書を日本外務省に送った」と説明した。

 また、「日本が文書受け渡しの正常なルートまで遮断したことは外交慣例から外れた措置で、大変遺憾だ」と述べた。

 韓国政府は、野田首相が今後同じような内容の親書を送った場合も今回と同様に返送する方針だ。

 一方、野田首相が同日、李大統領に対し天皇謝罪発言の取り消しと謝罪を求めたことについて、韓国政府関係者は「一顧の価値もない。いちいち対応しない」と一蹴した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。