Go to Contents Go to Navigation

日本は慰安婦被害者へ謝罪を 韓国国会が決議案採択

記事一覧 2012.08.28 13:36

日本は慰安婦被害者へ謝罪を 韓国国会が決議案採択

【ソウル聯合ニュース】韓国国会の外交通商統一委員会は28日に全体会議を開き、旧日本軍の従軍慰安婦にさせられた被害者に対する日本政府の公式謝罪と被害賠償を促す決議案を採択した。

 決議案は、日本政府が第2次世界大戦中に女性らを性奴隷として扱ったことは人類の普遍的価値に反する犯罪行為だと強調し、日本政府に対し責任を認め、被害者らに対する公式謝罪と法的な被害賠償を行うよう促した。

 また、日本政府が反人倫的な犯罪の歴史的責任を受け入れ、不幸だった歴史を繰り返さないために正しい歴史教育を行うよう求めた。

 これらの要求が受け入れられるためには韓国政府も韓日協議や国際社会への問題提起など全ての外交的努力を傾けるべきだとの内容も含まれた。

 全体会議で、一部の国会議員からは決議案の「日本軍慰安婦被害者」という表現を「日本軍性奴隷被害者」に変えるべきだとの意見も出たが、今後の会議で表現の修正について検討を進めていくことにした。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。