Go to Contents Go to Navigation

統一教会の文鮮明氏 葬儀は15日

記事一覧 2012.09.03 10:42

統一教会の文鮮明氏 葬儀は15日

【ソウル聯合ニュース】韓国で3日に死去した世界基督教統一神霊協会(統一教会)創始者の文鮮明(ムン・ソンミョン)総裁の葬儀が、「13日葬」で執り行われる。

 統一教会によると、葬儀委員長は文氏の7男である文亨進(ムン・ヒョンジン)統一教会世界会長が務める。

 3日からの3日間は特別祈祷(きとう)期間とする。次いで6日から13日までの8日間、京畿道加平郡の清心平和ワールドセンターに祭壇が設けられ、信者や一般弔問客の弔問が可能となる。

 15日午前に同センターで葬儀が行われた後、同郡松山里のチョンスン山に埋葬される。

 文氏は風邪と肺炎による合併症のため、3日未明、加平郡の病院で死去した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。