Go to Contents Go to Navigation

自爆型高速無人航空機 2年以内に戦力化=韓国

記事一覧 2012.09.13 17:25

自爆型高速無人航空機 2年以内に戦力化=韓国

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の海岸砲や長距離射程砲、ホバークラフトなどを正確に攻撃できる自爆型の高速無人航空機が2年以内に戦力化される。

 航空機メーカーの韓国航空宇宙産業(KAI)は13日に行われた防衛関連セミナーで、近距離攻撃用の高速無人航空機(Devil Killer)の開発状況を公表した。

 この無人航空機は、映像カメラや最先端ナビゲーション、高性能爆薬などを搭載して最前線地域の上空を飛び、攻撃目標を自動で認識して突撃し、自爆することで標的を破壊する。全長1.5メートル、全幅1.3メートル、最大重量25キロ、最高時速は350-400キロ。

 昨年1月に防衛事業庁が「新概念技術事業」のモデル課題として提案し、KAIが開発に着手。同年9月に初のテスト飛行を行った。現在は性能開発を進めており、来年には開発が完了する見通しだ。

 黄海の延坪島に配備すれば、15キロ先にある北朝鮮のケモリ海岸砲基地を4分以内に攻撃できる。また、時速80キロの速さで進む高速ホバークラフトの追跡・攻撃も可能だとKAIは説明している。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。