Go to Contents Go to Navigation

カードに代わる新決済手段 年末ごろ登場=韓国

記事一覧 2012.09.17 10:39

カードに代わる新決済手段 年末ごろ登場=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国で年末ごろ、クレジットカードやデビッドカードがなくても、電話番号やスマートフォン(多機能携帯電話)アプリケーションにより口座残高の範囲内で直接決済できる電子決済サービスが始まる見通しだ。

 現行の電子金融監督規定は、顧客が銀行窓口を訪ねて直払い式の電子決済手段の発行を受けるよう定めている。これに対し金融委員会は、新たな電子金融取引サービスを始めるための技術が整っていると判断し、関連法の改正を推進した。11月に法改正が完了すれば、年内にも施行されると見込まれる。

 この新たな決済手段は、携帯電話さえあれば決済が可能で、利用者の利便性が向上する。カード発行費用が不要となり、延滞の懸念もない。加盟店手数料の大幅引き下げも期待される。

 現在、当局とサービス業者側が決済限度額を調整中だ。決済方式はバーコードや音声自動応答システム(ARS)など、サービスを提供する業者ごとに異なる。

 新サービスがクレジットカード中心の決済市場に大きな変化をもたらすか注目される。クレジットカード業界側はひとまず状況を見守る姿勢だ。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。