Go to Contents Go to Navigation

<芸能>「ピエタ」の配給権 海外バイヤーが争奪戦

記事一覧 2012.09.20 14:46

<芸能>「ピエタ」の配給権 海外バイヤーが争奪戦

【ソウル聯合ニュース】ベネチア国際映画祭でコンペティション部門最高賞の金獅子賞を受賞したキム・ギドク監督の新作映画「ピエタ」が、北米地域最大の映画祭「トロント国際映画祭」で海外配給会社の激しい競争の中、相次いで販売された。同映画の配給会社が20日に明らかにした。

 今月6~16日に開かれたトロント国際映画祭で、当初2回の予定だった記者・配給会社向けの試写会が、満席で入場できなかった関係者たちからの要請で2回追加されたという。

 続いて3回開かれた一般試写会でも満席を記録し、配給権を獲得しようと海外のバイヤーたちが熾烈な競争を繰り広げた。

 現在のところ、日本、フランス、チェコ、スロバキア、ブラジルでの配給先が決まった。

 ほかに、米国、英国、オーストラリアなど多数の国のバイヤーと交渉中であり、追加契約が予想される。

hirata@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。