Go to Contents Go to Navigation

韓国現政権の対北支援 金大中・盧武鉉政権の4分の1

記事一覧 2012.10.08 09:57

韓国現政権の対北支援 金大中・盧武鉉政権の4分の1

【ソウル聯合ニュース】李明博(イ・ミョンバク)大統領が率いる現政権発足後の2008年から今年8月までの対北朝鮮支援額は2390億ウォン(約170億円)と集計された。統一部が8日に国会に提出した資料で明らかになった。

 これは金大中(キム・デジュン)元大統領の政権時の支援額(5990億ウォン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領政権時の1兆2672億ウォンと比べ、それぞれ39.9%、18.8%水準だ。両政権の平均支援額(9331億ウォン)比では25.6%。

 李明博政権は、「非核・開放3000(北朝鮮が非核化して開放すれば、10年以内に1人当たり国民所得が3000ドル=23万6000円=に達するよう支援する構想)」に基づき、北朝鮮に対し是々非々の態度を取ってきた。2010年3月に起こった韓国海軍哨戒艦撃沈事件に伴う対北朝鮮制裁措置で支援はさらに減少したとみられる。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。