Go to Contents Go to Navigation

韓国ロケット「羅老」打ち上げ 3日以上延期に

記事一覧 2012.10.26 14:10

韓国ロケット「羅老」打ち上げ 3日以上延期に

【高興聯合ニュース】韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)」(KSLV-1)の打ち上げが26日午後に予定されていたが、ヘリウムガスを注入する際に異常が見つかり、日程が延期された。打ち上げ準備が整うまでに少なくとも3日はかかるもようだ。

 教育科学技術部の趙律来(チョ・ユルレ)第2次官はこの日の記者会見で、打ち上げ延期を決めたこと発表した。

 同部と韓国航空宇宙研究院によると、ロシアの開発チームが同日午前10時10分ごろ、羅老の1段目にヘリウムガスを注入する過程で、ガスの圧力が十分に上がらない現象が見つかったという。連結部分の部品が破損したためガスが漏れたとものと確認された。

 また、3日以上延期される理由について、破損部分がロケットの1段目であるため一度発射台から下ろし、修理後再び打ち上げ準備に取り掛かる必要があるためと説明した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。