Go to Contents Go to Navigation

強制徴用犠牲者の遺骨情報 韓国政府が一般公開へ

記事一覧 2012.10.31 09:39

強制徴用犠牲者の遺骨情報 韓国政府が一般公開へ

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が、日本植民地時代に日本などに強制徴用され現地で死亡した韓国人の遺骨や墓地に関する情報の一般公開に踏み切る。

 国務総理室所属の「対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者等支援委員会」が31日、明らかにした。同委員会は2005年から、日本の寺院や納骨堂、共同墓地などに保管されている強制徴用被害者の遺骨と、ロシア・サハリンの共同墓地にもうけられた韓国人墓地の情報などを収集してきた。このうち、身元や遺族が未確認の4500人について、11月1日からホームページ上で関連情報を公開する。

 公開される情報には▼名前または本籍が一部しかないか、不正確なケース▼公文書で確認できないケース▼文書上で身元は確認されたが遺族や縁故者を確認できていないケース――などがあるという。

 委員会は、公開情報を見た遺族や縁故者からの連絡を基に、死亡者の身元や遺族の有無などを確認する。遺族が希望する場合には、日本やロシアの当局と協議した上で、遺骨を韓国に戻すことを検討する。

 委員会関係者は「政府として可能な限りの手段を用い、最後に遺族からの情報提供を待つ」と説明した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。