Go to Contents Go to Navigation

文・安両陣営 投票時間延長目指し共同キャンペーン

記事一覧 2012.11.12 15:36

文・安両陣営 投票時間延長目指し共同キャンペーン

【ソウル聯合ニュース】韓国大統領選(12月19日投開票)への出馬を表明している最大野党・民主統合党の文在寅(ムン・ジェイン)氏と無所属の安哲秀(アン・チョルス)氏は12日、選挙投票時間の締め切りを午後6時から午後9時に3時間延長することを目指し、共同キャンペーンに着手した。

 投票時間の延長推進は、両氏が候補者一本化で合意した会合(6日)で一致していた。文氏陣営のキム・ヨンギョン共同選挙対策委員長と安氏陣営のソン・ホチャン共同選挙対策本部長は12日の記者会見で、ソウル・光化門での一人デモやオンライン署名運動の実施など、投票時間延長キャンペーンの詳細を発表した。

 キム委員長とソン本部長は「(与党)セヌリ党は投票率が低下している状況に問題を感じながらも、投票時間の延長に踏み切らないという矛盾した態度を見せている。国民の参政権実現に向け、与党として責任ある決断を下すべきだ」と促した。

 大統領選の投票率は1997年の選挙までは80%を超えていたが、02年は70.8%に下落、07年の前回は63.0%だった。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。