Go to Contents Go to Navigation

韓国ロケットの打ち上げ 今月29日が有力

記事一覧 2012.11.19 17:32

韓国ロケットの打ち上げ 今月29日が有力

【ソウル聯合ニュース】韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)」(KSLV-1)について、韓国教育科学技術部と航空宇宙研究院は19日、ロケット1段目を製作したロシア側との協議で29日の打ち上げが技術的にふさわしいとの結論を出した。

 ロケットは先月26日に打ち上げを予定していたが、1段目にヘリウムガスを注入した際にガスが漏れ、注入口の部品に破損が生じ、打ち上げは延期された。

 打ち上げに必要な交換部品が18日にロシアから到着し、韓国とロシアは同ロケットの3度目打ち上げに向けた作業を再開。準備期間を考慮して29日がふさわしいとの認識で一致した。

 両国の研究陣は16日から発射体に対する電気実験を行うなど、打ち上げに向けた準備を進めている。22日に打ち上げ管理委員会を開き、具体的な日程を決める計画だ。

 羅老は2009年8月と2010年6月にも打ち上げられたが、2回とも軌道投入に失敗している。ロシア側との契約条件上、今回の打ち上げが最後の機会だ。羅老開発事業には3回目までを含め総額5200億ウォン(約380億円)の予算が投じられた。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。