Go to Contents Go to Navigation

サハリン残留韓国人 対日外交努力求め提訴へ

記事一覧 2012.11.20 18:35

サハリン残留韓国人 対日外交努力求め提訴へ

【東京聯合ニュース】日本の植民地時代にサハリンに強制連行され、戦後も残留を余儀なくされた韓国人らでつくる「サハリン同胞永住帰国者会」は20日、韓国政府がサハリン残留韓国人の賃金問題について日本と積極的に交渉を行っていないのは違憲として、23日に憲法裁判所に提訴すると明らかにした。

 請求人は韓国に在住しているサハリン残留韓国人(3500人)の約7割に当たる約2500人。今後、日本在住者らも加わることを検討している。

 サハリン残留韓国人は1940年代にサハリンの炭鉱などで働かされ、賃金を郵便貯金などの名目で貯金させられたが、いまだに払い戻されていない。韓日請求権協定が締結された1965年当時、残留韓国人は無国籍者かソ連国籍となっていた。日本は1990年代以降、韓国国籍を取得したサハリン残留韓国人にも同協定が適用され、個人の請求権は消滅したとして郵便貯金の払い戻しを拒否している。韓国政府はサハリン残留韓国人に対する日本の法的責任は残っているとの立場を示している。

 憲法裁判所は昨年8月、旧日本軍の慰安婦問題解決のために韓国政府が外交的努力を行わないのは違憲との判決を下した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。